✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

補正下着の洗剤

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マルコの下着は専用クレンジングの使用を推奨されています。

通称ランクレ(ランジェリー クレンジング)

 

f:id:monotone-room:20190115050213j:image

でもこれ…8000円

 

詰め替え用を買ったとしても6000円もします(T ^ T)

1回の使用量は少ない(水5Lに対して10mlなので、ボトルで30回、詰め替え用で25回分使えます)のでそこそこもちますが、それでも高すぎます!!

 

マルコの補正下着は、本当に専用の洗剤を使用しないといけないのでしょうか?

 

 

マルコは専用洗剤で洗わないと長持ちしない?

これは店員さんに言われた言葉。

はじめの下着購入時に、自動的に洗剤も一緒に見積書に組み込まれていました(汗)

 

えー、洗剤は要らないなぁ…と言ったのですが、絶対に買った方がいい!と強く勧められました。

 

マルコの下着にはシルクが使われており、裁縫もかなり細部までこだわって繊細に作られています。

ですから、普通の市販の洗剤では、型崩れや補正機能の低下、伸び、生地の傷みなどが起こってしまうようです。

 

数回洗ったくらいでは、一見見た目には変化なさそうに見えても、一本一本の繊維レベルでくねくね曲がってしまうため、補正下着としての機能が確実に損なわれてしまうようです。

 

マルコスタッフは、専用クレンジングをつかっていないと、下着の手触りや風合いが全く違うためすぐにわかってしまうらしいです。(本当かな?)

 

でも、せっかく高価な良い下着を購入したなら、できるだけ長持ちさせたいものです。

 

下着を長持ちさせるためには、やはり洗濯の仕方や洗剤選びがとても重要なのは間違いありません。

 

専用洗剤が高いからとケチって、◯リエール、◯タックなどで洗濯してしまうと、結果的に下着の買い替え時期が早まってしまい、高くついてしまいますので、やはり専用クレンジングの使用をお勧めします。

 

マルコの洗剤の特徴

普通の洗剤とマルコのポー・ド・ランジェのランクレは一体何が違うのか?

 

まず、洗剤なのに贅沢にスキンケア化粧品に使用する保湿成分(リピジュア)を配合しています。

泡立ちと泡切れがよく、シルク特有の風合いや光沢、吸水性を守りながら汚れをきれいに落としてくれます。
また、リンス効果も備えているので、繊維を丹念にコーティングしながらやさしく洗い上げ、色あせも防いでくれるのです。

 

そして、ありがたいことに抗菌・防臭成分も配合されているのです。

 

【成分】

界面活性剤(24%ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、エチルアルコール、抗菌剤

 

マルコの洗剤の使用感

洗剤なのに、香りや泡立ちはほどんどありません。

はじめ使った感想は、

「う〜ん、物足りない」

でした。

 

本当にこんなんで汚れが落ちてるの?と思うほど。

 

しかし!

 

下着をつけてもみもみしていると、みるみるうちに汚れが浮き上がってきて水が灰色に濁ってきます。

 

汗を大量にかいたり、汚れが気になるときは、15分ほどつけおきすると効果的だそうです。

 

f:id:monotone-room:20190206011246j:image

 

繊細なシルクランジェリー は、擦ったり、ゴシゴシしてしまうと、生地を痛めてしまいます。

この洗剤は、つけておくだけでも汚れが自動的に浮き上がってくるので、下着の生地の痛みが一切ありません。

 

さらに、ほぼ泡立たないので泡切れが良いのです!!

 

他の洗剤だと、ヌルヌルがいつまでも残り、何度も何度もすすがないと洗剤が残ってしまいますが、ランクレは2〜3回新しい水を張った洗面器につけて流せば、ぬるつきも全くなく洗剤の切れもバッチリです!

 

乾いた後も、パサつきが出ず、下着自体がしっとり潤ってる感じです。

 

何度洗濯しても、ヘタリや痛みがなく、新品と全く変わらない状態を維持できているのはランクレのおかげだと思っています。

 

しかも、無臭に近い洗剤なのに、消臭・防臭成分のおかげで、不思議と1日着ていても臭くなりません。

 

マルコの洗剤の代用に 「エマール」

f:id:monotone-room:20190206011048j:image

よく聞くのは、ランクレの代用として、

お洒落着洗いのオシャレ着用洗剤「エマール」

で洗うという方法。

 

エマールはどこでも購入できて価格が安いため、私の周りのマルコユーザはエマールを使用している人が多いです。

 

【エマールの成分】

水、工程剤、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、界面活性剤、エチルアルコール、安定化剤、ブチルカルビトール、安定化剤、プロピレングリコール、安定化剤、クエン酸塩、pH調整剤、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル
、界面活性剤、シリコーン、繊維潤滑剤、アルキルアミドアミン、界面活性剤、防腐剤、香料

 

ランクレと同じ成分も配合されていますが、ランクレよりかなり沢山の成分が配合されています。

 

エマールとランクレを比較して使ってみた方の感想として、

「あまりよく違いがわからない」

「エマールの方が香りが良くて好き」

 

と言っている方が多く、意外にエマールが人気で、そして優秀なようです。

 

これを聞くと、ランクレじゃなくて、エマールで良いのでは?と思ってしまいます。

 

しかし!!

実はエマール、下着洗いは推奨していますが、「シルク製品」に関しては推奨していません。

そこが心配なところです。

 

数ヶ月エマールで洗ったくらいでは、肉眼で確認できる傷みや型崩れなどはおそらく起こらないと思います。

しかし、これが年単位となると、ナノレベルでの劣化は避けられず、確実に風合いは変わってくると思われます。

 

結論からすると、私個人の考えとしましては、マルコを長持ちさせたいなら、わたしはエマールを代用しない方がいいと思います。

 

オススメのシルク専用洗剤

f:id:monotone-room:20190206011310j:image

 

では、やはり高いランクレを購入し続けなければならないのか?と言うと、やはり財布的に痛い…

 

他にランクレの代わりになる高級シルク下着を洗える洗剤はないのかと探してみました。

 

良さそうなシルク専用洗剤をご紹介します。

 


液体洗剤 シルク専用洗剤 しるくまいにち シルク洗剤 

200ml (水5Lに対して5ml使用)約40回分

価格1080円

 

デリケートなシルク繊維を傷めず、優しくふんわり洗いあげてくれます。

酵素の力で、優しいのに高い洗浄力を発揮してくれます。

香りも自然な香りで残りづらく、環境にも優しい洗剤です。

 


THE LAUNDRESS(ザ ランドレス) デリケートウォッシュ Lady レディーの香り 475ml

475ml 水30L(洗濯物1.5kg)に対し15ml(キャップ1杯)使用  

30Lの水で使用した場合約32回分

価格 3000円前後

 

シルクやランジェリーなどデリケートな衣類に優しい洗剤です。

粘度がある液体洗剤なので、ランクレと比べると少し使いにくいのが難点。

パッケージがモノトーンでおしゃれです。

 


ワコール ランジェリーウォッシュ

270ml   水5lに対して10ml(キャップ1杯分)使用

約27回分  価格 500円 

レースに優しい下着専用の手洗い用洗剤です。

下着ブランドのワコールから出ている商品なので安心感と信頼が持てます。

下着の素材を傷めにくい無リン・無着色の中性洗剤で、蛍光剤を含まないので、淡い色やきなりの衣料にも使用可能です。

 

毛・麻・木綿・化学繊維・絹に使用できますが、注意書きに(※絹製品は生地によって、縮む場合があり)と記載があるので、様子を見ながら使用がオススメ。

 

 


ユーカラン デリケート洗剤 衣類用 500ml 手洗い約95回分 天然成分100% デリケート素材用 EUCALAN

500ml 水4Lに対し5ml使用  約95回分

価格2160円

20年の実績をもつカナダ生まれの100%天然成分で作られた衣料用洗剤です。

手洗いにも洗濯機にも、両方対応しています。

 

下着以外にも、ぬいぐるみ、ベビー服など幅広く使用可能なので便利。

香りも4種類から選べるのも嬉しいです。

 

この商品の特徴として、ランジェリーのお手入れには軽くすすいだ方が良いですが、なんとウールはすすぎが不要なこと。

 

すすがないことでユーカリオイルやラベンダーオイルの防虫効果が繊維に残り、効果がより期待されるのです。

また、犬などペットのシャンプーに使用するとノミの防止にもなる効果もあります。

 


洗濯用洗剤 ブラデリス ランジェリーソープ 16オンス

450g  洗面器にティースプーン一杯分使用

約90〜180回分  価格 1800円

粉末状のランジェリー 専用の洗剤です。

シルクの黄ばみを防ぎ、血液の汚れもよく落としてくれます。

つけおきたったの5分で、驚くほど下着の汚れが落ちます。

すすぎの泡切れも良く、洗剤成分が繊維に残らないので安心です。

また、優しい良い香りで癒されます。

 


フォーエバーニュー ForeverNew

908g 

価格 1800円

ブラデリスニューヨークの洗剤とソックリな専用で、価格がブラデリスよりかなり安くお得です!

私は現在こちらを愛用中。

使用感は、まず洗剤の香り香がします。

ほんのり洗った後の下着にも香りが残るので、無臭よりは嬉しいです。

 

また、使用方法も、バケツにぬるま湯を溜めて5分つけおきするだけで良いのも楽チンです。

 

ただ、洗浄力の高さが心配な点。

つけおきの後、お湯の濁りが、ポードランジェよりかなり濃いのです。

真っ黒になります。

 

これって色落ちしているのでは…と不安になります。

 

とりあえず、つけおき時間を短縮して対応しています。

 

また、洗った後の仕上がりはパキッとしっかりした仕上がりです。

 

ポードランジェはもう少し柔らかな仕上がりなので、やはりポードランジェと比較すると、マルコの下着はポードランジェの相性が一番良いということが改めてわかりました。

 

下着の正しい洗い方

正しい下着の洗い方は、洗剤を洗面器やバケツに適量入れて手で優しくもみ洗いします。

洗い終わったら、軽く水気を取って(絞ってはダメ)バスタオルなどで水気を取って影で平干し…

がベストなのですが、なかなかここまで完璧に行うのは面倒です。

 

タオル脱水は手間も時間もかかるし、タオルの洗濯も増えて面倒すぎます。

しかも、干した後の水切れが甘く、床に水が滴ったり、翌日までに下着が乾かなかったりすることもあります。

 

わたしは時短のため、手洗いした後は、厚手の型崩れしない立体型の洗濯ネットに入れて、30秒間だけ脱水をかけるようにしています。

これだけでかなり楽です。

 

干し方は、陰干し、平干しが基本。

 

洗濯バサミで吊るし干しは、型崩れや伸びの原因になるのでやめた方が良いです。

 

私は3coinsで購入した安い平干し用ネットで干しています。

 

f:id:monotone-room:20190206001457j:image

 

 

まとめ

マルコの下着のことを本当に考えてあげるなら、値段は高くても、やはりポードランジェのランクレが一番良いと思われます。

 

しかし、他の洗剤を使ったことによる下着の劣化速度や痛みについては、データや情報が少ないのではっきり言えません。

 

シルク専用、ランジェリー専用の洗剤であれば、少なくとも生地は痛めずに洗い上げてくれるので、代用は十分可能だと思います。

 

 

 

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }