✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

赤ら顔に効く!ミルバソゲルの効果 【赤ら顔⑨】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ら顔で悩んでいる方に朗報です!

赤ら顔から卒業できる薬があるのです!!

 

その名も「ミルバソゲル」

 

海外からの個人輸入でしか購入できない薬ですが、びっくりするほど赤みを引かせる効果があります!

 

そんなミルバソゲルについてご紹介します。

 

ミルバソゲルとは

ミルバソゲル(MirvasoGel)

価格は79ドル程(その時のレートによりますが、現在日本円で8800円程度)

 

変な名前ですが、これは血管収縮作用のある軟膏で、酒さ、赤ら顔、赤鼻、顔面紅斑などの治療に用いられている薬です。

 

この軟膏で赤ら顔の完治は出来ませんが、症状を抑えたり、出にくくしたり、症状の軽減が期待できます。

 

赤ら顔にとっては革命的な軟膏ですが、残念ながら日本では未認可で、海外から個人輸入で購入するしか入手方法はありません。

 

 

赤ら顔が改善する仕組み

赤ら顔は、毛細血管の拡張によって起こっています。

血管の拡張によって、肌が赤く見えているのです。

 

ミルバソゲルは、ゲルに含まれる有効成分ブリモニジンという成分が、選択的アドレナリンα2受容体作動薬(つまり血管を収縮する成分)となり血管を収縮させてくれるようです。

この効果により、顔の赤みを抑えてくれます。

 

ミルバソゲルのメリット

①副作用がほとんどない

ミルバソゲルは、ステロイドの成分は入っていないため、ステロイドの怖い副作用は一切ありません。

販売サイトにも、購入者の口コミを見ても、ミルバソゲル自身の副作用の記載はほとんどありませんでしたので、比較的安全に使用できるといえます。

 

②即効性がある

ミルバソゲルは、塗った直後から効果を実感できます。遅くても30分程度で大まかな赤みは消えます!

 

③化粧の邪魔をしない

ミルバソゲルは、軟膏ではなくジェル(ゲル)です。塗ると、すぐに肌に吸収され、全くベタベタつきません。

塗ったことを忘れてしまうほどの軽い塗り心地なのです。

全く化粧の邪魔をしないのも優秀です。

 

④効果の持続時間が長い

一度ミルバソゲルを塗ると、効果は8時間以上も持続します。

朝塗って出かけても、夜まで持続してくれるので、ほぼ塗り直しの心配がありません。

 

ミルバソゲルはどこで買えるの?

ミルバソゲルは冒頭でも話したように、日本では未認可なので、海外から個人輸入するしか入手方法はありません。

 

購入できるサイトは、「オオサカドウ」か姉妹サイトの「オランダ屋」しかありません。

 

個人輸入なんて、なんだか怖い…

怪しい…

 

と思う方もいるかもしれませんが、どちらも日本人向けの仲介業者が運営するサイトなので安心です。

私も利用しましたが、海外からなので届くのが遅いという意外は普通の通販と変わりません。

 

商品が届かなかった、不当に請求された…などのトラブルもありませんので、ぜひ安心して利用してください。

 

 

ミルバソゲルの口コミ

オオサカ堂に寄せられているミルバソゲルの口コミは、500件以上で、ほぼ満点に近い評価を得ています。

その中の口コミを一部ご紹介します。

自分には大変効果がありました。
顔の赤みが8割がた塗ってすぐに消えていきます。
半日位の持続力もあります。

 

赤ら顔や紅斑のレーザー治療もやっていますが、まだ取り切れていない場所もこれを使うと半分程度赤みを抑えることが出来ました。しかも使用して直ぐに効果があるんです。使い続けないと完全に消 えるかは分かりませんが、メイクの前に使うとコンシーラーの手間が無くなるので嬉しいです。

 

塗って1時間で赤みがかなり抑えられてびっくりしました。
完全には赤みはなくなりませんが精神的に楽になりました。

 

普段から赤ら顔で、特に飲酒やお風呂上がりには増す感じですが、ミルバソゲルを塗るとお肌がみるみる白くなり、お化粧ノリも良くみえます。
私はここぞという時にだけ使用しているので、1回塗 ると約24時間持続しています。彼に肌が綺麗になった⁈と言われましたが、ミルバソゲルを使用してることは内緒にして密かに喜んでいます♪リピ確定商品です。

 

レビューを見て、藁にもすがる思いで購入しました。

もともとアトピーでステロイド使用してきたためか、皮膚が薄くふだんでも少し赤みがあるのですが、これからの時期、毎年ゆでダコのように顔が 真っ赤になっていて恥ずかしい思いをしていました。
朝塗ると15時くらいまでもちました。
そのあとだんだん顔が熱く火照ってくるのでさらに薄く塗って1日を、やすりごしてます。
仕事の拘束時間がながいので、1日二回塗るのはコスパ的に厳しいですが、真っ白になるのには感動しました。

 

オオサカ堂の口コミはかなり高評価で、みんな口を揃えて「赤みが引いた」「もう手放せない」と言っています。

 

 

ミルバソゲルを購入してみました

f:id:monotone-room:20180429035425j:image

実際に、私も藁にもすがる思いで、ミルバソゲルを購入してみました。

 

ミルバソゲル(MirvasoGel)

 

私は注文後、だいたい7日くらいで海外から到着しました。(現在はコロナウイルスの影響でやや遅延がみられているようです。)

 

まず初め、蓋の開け方に戸惑いました。

なんか蓋がくるくる回って開かないっ!

 

と思って試行錯誤してたら、開け方?のイラストが蓋にありました。

 

f:id:monotone-room:20180429035709j:image

 

どうやら下に押しながら開けるみたい。

 

コツを掴んだら開けれました(^_^;)

 

テクスチャーは、半透明のジェル状。

塗った感じはベタベタせすスッと馴染む感じで、塗ってすぐ化粧しても全く問題ありませんでした。

 

伸びもよく、ほんと少量で大丈夫なようです。

 

さて塗る前がこの赤さ

f:id:monotone-room:20180429041011j:image

 

塗って15分後

 

f:id:monotone-room:20180429041041j:image

 

ご覧ください!赤みがだいぶ引きました!

即効性ありです。

 

ほんとに効果絶大でびっくりしました。

 

夜塗ったのですが、翌朝は暑さで火照っていたので赤みが少し戻ってしまっていましたが、朝再び塗って仕事に行ったら、わたしは6時間は白さを保てました

 

4〜6時間おきに化粧の上から重ね塗りしてみたところ、一日中赤くならずに過ごせました!!

 

これを使い始めてから、憧れの薄化粧で過ごせて、ほんと夢のようです(涙)

 

元の頬の色が落ち着いている時に使うと、効きすぎて白くなりすぎてしまい、顔色悪いよ?と言われてしまうほどの効果です。

 

わたしは6〜8時間ほどの効果でしたが、人によって効果の時間は違うようで、一度塗ってもっと長い時間効く方もいるみたいです。

 

以前も書きましたが、これは一時的に血管を収縮させるというお薬なので、これで赤ら顔が完治するわけではありません。

 

しかし、塗り続けていると、血管収縮する癖がつき、赤ら顔が抑えられるという効果も期待できるようなので、信じて使い続けてみたいです(>_<)

 

ミルバソゲルの副作用

オオサカ堂には特にアレルギー等以外、大きな副作用の表記はありません。

 

しかし、一時的に血管を収縮させるため、薬の効果が切れた後、抑え込んでいた反動で赤みが塗る前よりも増す方もいるようです。

 

わたしは特に、薬が切れた後そのような感じはありませんでした。

切れたかな?と思ったら塗りなおせば特に赤みは出ません。

 

あと、長期間の使用で効かなくなってきた、なんて方もいるようです。

 

赤ら顔で悩む人にとっては魔法のような薬ですが、あくまで薬ですから、やはり使いすぎは良くないのかもしれません。

 

ここぞ、の時に使うか、使うとしても一日1〜2回に抑える、あとは使わない日もつくる、など工夫は必要かもしれませんね。

 

私的に感じた副作用のようなものは、たまに目の周りが赤くなることです。

 

肌が真っ白になる分、塗っていないところの赤みが余計に目立っている…

 

もしくは

 

ミルバソゲルを塗っているところの血管を強制的に収縮させている分、塗ってないところの周りの血管(血流)が発達してしまい、赤く見えるのかも…という自己分析に辿り着きました。

 

血管はすべて繋がっていて、体内の血液量は一定です。

 

道路で例えたら、小道や抜け道的な小さな道路を一部分閉鎖したら、道路を流れる車の量が減るわけではないので、他の道に車はすべて流れ込みます。

f:id:monotone-room:20211011203718j:image

 

元々あった多くの道(頬の血管)が閉鎖されたら、そこが滞り、周辺の道路が渋滞するのは少し考えれば目に見えています。

 

素晴らしい薬だけど、使うときは、使う量と使用法を検討して使わなければ…

 

それから、唇付近に塗ってしまうと、唇の血色がなくなり、具合悪い人か死人みたいになるので注意です。

 

でも、効果は絶大!高いけど買ってよかった!