✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

額(おでこ)のヒアルロン酸注入 額を丸くする方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

額が狭かったり、凹凸があったりするとおでこを出すことをためらってしまいますよね。


額にヒアルロン酸注入することで、即、理想の額にすることができます。


実際に、額にヒアルロン酸を入れてみたので、その感想をお伝えしたいと思います。


額のコンプレクス

ヘアバンドで髪をあげたり、ポンパドールが流行った時に前髪を上げたりしたことがありましたが、友人から

「変!」「絶対前髪があった方がいい!」


と言われたことがありました(涙)


おでこを出すのが似合う人と、似合わない人の差は一体なのでしょうか?

答えは、
一つが額の形、もう一つが眉毛の形です

悲しいことに、私はこの両方に恵まれていなかったのです。

私の額は狭めで平らです。
さらに、私の場合は「眉丘筋」という筋肉が人より発達しており、眉上とおでこに変な盛り上がりがあるため、眉毛の形と額の形が歪になってしまっているのでした。




額を出すのが似合わないとわかってからは、ずっと前髪を作っていたのですが、最近は切り揃えるのが面倒で前髪を伸ばしていました。

前髪が伸びてくると、当然額が露出します。

私が額を出すと、大人っぽい…ではなく老け顔になってしまいます。
さらに、額が平らなので男っぽさがプラスされて逞しく見えてしまっていました。


もっと女性らしく、幼く見られたい…!

と思い始めました。

額を丸くする方法は色々ありますが、まずは手軽に行えるヒアルロン酸を注入してみることにしました。


額のヒアルロン酸のカウンセリング

カウンセリングを受けたところ、わたしの場合つるんとしたきれいなおでこにはならないと言われてしまいました…。

やはり、私は眉の筋肉と額の筋肉が強いらしく…
ヒアルロン酸は、骨膜上の深い場所に注入するため、元々の筋肉の盛り上がりもそのまま一緒に盛り上がってしまい、結局凸凹は消えないのだそう…。

先生的に、あまりオススメしない…といった雰囲気でした。


費用を少しでも安くしようと、事前にモニターを希望していましたが、あまり綺麗な仕上がりにならないためか、まんまと断られてしまいました(涙)

しかし、私のやりたいという意思は固かった為、モニター は諦めて、割引きなしで結局お願いすることにしました。


ヒアルロン酸の注入量

ヒアルロン酸の注入量によって、額の丸みや仕上がりのイメージは変わってきます。

中央のみを丸くする(2〜3cc)

凹みを丸く出す(3〜5cc)

全体を丸く出す(5〜8cc)


額用のヒアルロン酸、ジュピダームボリューマは1本(1cc)5万円〜10万円と高額なため、注入量はよく考える必要があります。

症例写真を見ると、だいたい3〜4cc程度の注入が多いようです。
この程度の量でも、必要な場所に適切に入れれば十分な効果が期待できます。


私は今回、とりあえず2ccだけ注入してみることになりました。


額のヒアルロン酸注入の実際

額のヒアルロン酸注入は、眉の上にブロック麻酔を行なってから注入します。


理由は、他の部位に比べて痛みが大きいことと、皮膚に直接麻酔をしてしまうと腫れで形をきれいに調整することが難しくなってしまうためだそうです。

ブロック麻酔の針は極細なので、痛みは我慢できる程度です。


一度ブロック注射をしてしまえば、すぐに麻酔は効いてきます。

ヒアルロン酸注入中も、耐えられる痛みで済みました。

ただ、骨膜上で針を動かして注入していくため、「ゴリゴリゴリ」という感覚はあり、あまり気持ちのいいものではありませんでした。

時間はだいたい30〜40分くらいで終了しました。


ヒアルロン酸注入直後

仕上がりは…かなり自然です。


腫れもほとんど分からず、もちろん内出血も全くありません。

小さな針穴がおでこの上の方に3箇所あるだけで、これもよーーく見ないと分からないレベル。


肝心の仕上がりは、入れた量が少ないせいなのか、劇的に額が丸くなったわけではなく、直後に鏡で確認すると、少し物足りない感じでした。


予算的な問題と、初回ということもあり、とりあえずこの量で様子を見ることにしました。



痛みは、しばらく少し額がジンジンとしていましたが、処方された痛み止めを内服していたのでそれほど強い痛みは感じませんでした。


ヒアルロン酸注入のbeforeとafterです。




鏡ではあまり変化がないように思いましたが、写真を撮って比較すると、2ccだけの注入でもかなり変化がありました。

額に自然な丸さが出ており、特に横から見ると変化は一目瞭然。
輪郭が女性らしくなりました。

腫れも多少はあるので、膨らみは少し減っていくと思われますが、とりあえず初回はこんなものでしょうかね。
欲張るとロクなことないので(笑)

でも、早くも追加したい気持ちでいっぱいです。

先生が言っていたわたしの発達しすぎた額の筋肉のことですが、思ったより凸凹は目立っていません。むしろ、注入前と比較すると凹凸はだいぶマシになっています。

元々あった額のシワは完全に消えることはありませんでしたが、やる前よりはマシになりました。

総合的にやはりやってよかったです。


腫れについて

額のヒアルロン酸注入はほとんどダウンタイム、腫れはないと記載されています。

私の場合も、当日は額が重い感じでしたが、腫れはほぼ目立たず、誰にもバレることはありませんでした。

翌日、額は当日より若干膨らんでいる感じ(腫れ?)で、術直後よりも理想的な額でした。

このまま腹が引かないでほしいと思うくらい。

しかし、若干腫れが下に下がってきたのか、目元がだいぶ重くなりました。

自分にしかわからない程度の変化ですが、二重が狭くなり目つきが悪く感じました。

2日目は、さらに腫れが下がり、鼻根部が腫れてアバターっぽい顔つきになりました。
目頭も腫れて重い感じ。

額のヒアルロン酸をやりたい!と話していた友人には、さすがに予告していたためか会ってすぐにバレました(笑)

しかし、職場ではメガネをかけていることもあり、誰にも指摘されずバレませんでした。


その後の額

腫れが落ち付いてきた1週間後の写真です。



正面や斜めからは変化はわかりづらいですが、真横から見るとかなり丸い額になっています。

やはり、もう少しつるんとした額に憧れるので、少し減り始めた半年後くらいに追加注入したいと思っています。


腫れが落ちついてくると、光の加減で少し凹凸がわかります。(自分にしか分からないレベル)
また、触ると、ヒアルロン酸が入っているところと入っていないところの差がわかります。


全体に注入すると、もう少しフラットな仕上がりになるのかな?と思いました。



感触は、ヒアルロン酸だから、多少プニプニしてしまうのかな?と思いましたが、意外と硬さがあり自然です。
触られてもバレないと思います。


しかし、フェイシャルエステやマッサージは避けた方が良い気がします。


一応、馴染めば制限はないのですが、流石に押されたりして凸凹になるのは怖いですし、循環が良くなって吸収が促進されるのも嫌なので、私は行わないようにしたいと思います。

まとめ

輪郭って本当に重要だなと改めて思いました。
額の形が変わるだけでもかなり印象が変わります。

ダウンタイムもほぼなく、これほど変化が大きい手術なので、かなりお得感があります。

せっかく丸い額にしたので、前髪はしばらく作らず、どんどん額を出したいです!

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }