✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

【赤ら顔52】 最近の赤ら顔

スポンサーリンク

スポンサーリンク

顎の整形のダウンタイムで、顎にばかり目がいってしまい、すっかり赤ら顔に関しての記事が書けていませんでした。

 

最近の赤ら顔の状態です。

f:id:monotone-room:20190518010724j:image
f:id:monotone-room:20190518010720j:image

 

赤みは4/10くらいの感覚でしょうか。

一時よりはかなりマシです。

 

というのも、これ、実はミルバソゲルのおかげm(._.)m

 

またもや禁断のミルバソゲルに懲りずに手を出す始末です。

 

でも、今回ばかりはミルバソゲル、悪さしていないのです。

なぜかリバウンドがほとんどありません。

 

使い方としては、少量を1日1〜2回(朝・寝る前)に塗っています。

赤みがぶり返す前に塗る!ことがポイント。

一度ぶり返してしまってからでは、なかなか引かなくなるので…。

 

そして、顔を洗ったら効果が切れるため、顔を洗った時もすぐに塗り直すことを徹底しています。

 

この方法を続けていたら、なんと赤みが増さなくなったのです。

 

あまりの調子の良さに、VビームIIの効果が出てきたのでは?

本当に赤みが引いてきたのでは?

 

なんて浮れそうになりましたが、たぶん違います。

ミルバソゲルのおかげです、絶対(涙)

 

ここでやめたら、どんな頬になるのか恐ろしくて考えたくもありません。

 

少し気になるのは、以前より赤みがまだらになったことです。

気づくと、頬の一部に赤くならない部分が存在していました。

ここは本当にVビームの効果が出たのかもしれません。

 

とはいっても、赤みが出ている範囲はまだかなり広いので、治ったとは言い難いですが。

 

それに、ミルバソゲルで赤みが引くといっても、写真の通り8/10の赤みが4/10程度になるというだけで、決して0になるわけではありません。

ですから、メイクの時もコンシーラーは必須です。

 

一時、調子のよかった時はファンデーションだけで赤みが隠せていたのに…

その頃が懐かしい(涙)

 

6月になったら保険がまた適応になるので、治療に行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }