✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

【顎プロテーゼ経過】〜当日〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2度目の顎プロテーゼ 入れてきました!

 

今日この日が来るまでは待ち遠しくて待ち遠しくて…ドキドキ・ワクワクしていましたが、いざこの日がくると意外と平常心でいれました(笑)

 

手術の流れ

静脈麻酔も選択できましたが私は希望せず、局所麻酔のみで行うことにしました。

 

まず術前に安定剤と痛み止めを渡され内服。

歯磨きと洗顔を済ませて、イソジンで口の中を消毒したら、いざ手術台へ。

 

先生が登場して、顎にマーキングをしていきます。ここで、デザインの最終確認。

 

今回作ってもらったプロテーゼも見せてもらえましたが、かなり小さめな感じでしたが厚みは以前のものよりしっかりありました。

普通の人よりは小さめのサイズだと先生にも言われました。私は顎が小さいからかな??

 

そうこうしているうちに、だんだん安定剤が効いてきて少しポワ〜ンとしてきました。

 

麻酔の注射を、口の中からと外から数カ所されました。

極細の針を使用してもらっていることもあり、痛いけど我慢できるレベルです。

麻酔が効いてきて、感覚が鈍くなってきます。

 

唾液や血が垂れ込まないように、口の中にガーゼを突っ込まれ、下唇をビーンと引っ張られて、いよいよメスで切られていきます。

 

メスで切開したら、次にゴリゴリと顎を剥離されていきます。痛みは全くないのですが、感覚は残っているため、これが少し気持ち悪い…。

でもこれも3回目なので(1回目挿入時と抜去時と今回)少し慣れました。

安定剤のおかげもあってか、あまり恐怖も感じませんでした。

 

手術時間は30分が予定でしたが、たぶんそれ以上だったと思います。

何度もゴリゴリしたり、プロテーゼを押し込むような作業を繰り返していたので、おそらくプロテーゼのスペース用のポケットが上手くいかなかったか、なかなか予定の場所にプロテーゼが収まらなかったのかもしれません。

めいいっぱい機械で押されたり、力を加えられるような作業が続きました。

 

手術時間が長引いてきたので少し不安がよぎりました。

手術時間が長引けば長引くほど、腫れに直結してくるからです。

 

結局、40〜50分ほどでしょうか?

そのくらいで手術は終了。

 

レントゲンできちんとプロテーゼが予定の場所に入っているかを確認してもらい、縫って終わりです。

目視だけではなく、きちんとレントゲンで位置確認してもらえるのは安心です。

 

手術時間が長引いたせいか、だんだん麻酔も切れてきて顎全体がジンジン痛くなってきました。

縫う時も、麻酔が効いていないところにも針をかけられたため、若干チクっとするところもありました。でも、これも我慢できる程度でした。

 

手術終了後にテープで顎を固定されました。

3日間は固定するそうです。

 

 

顎のテープ固定の目的

テープの役割は、プロテーゼのズレ防止と、腫れが広がらないようにすることです。

 

しかし、きちんと予定の場所にプロテーゼが収まっていればズレの心配はほとんどないため、テープは気休めくらいにしかならないそうです。

 

私は2日はホテル滞在の予定でしたが、3日目は帰宅予定のため、でできれば3日目には剥したかったのでよかったです。

予定より少し早めに外したいと思います。

 

手術終了後

f:id:monotone-room:20190420015427p:image

手術直後の状態です。

少し顎が長く見えますが、腫れはまだそこまでありません。

今の腫れは、ほとんど手術操作と麻酔によるものです。

腫れのピークは1〜2日目なので、たぶん明日はこんなものじゃ済まないハズ。

 

心配していた内出血は、テープのせいでよくわかりませんが、パッと見確認できないので大丈夫そうな感じです。

しかし、顎下が若干紫っぽくも見えるため、もしかしたら明日あたり出てしまうかも…。

一度内出血が起こってしまうとなかなか消えないので、それだけは避けたい…。

 

上手に唇をベロンとめくれなかったので撮れはイマイチですが、口の中の傷の状態です。

横に1〜2㎝くらいの傷の大きさです。

f:id:monotone-room:20190420015953j:image

 

舌で触ると縫った跡がザラザラします。

出血は驚くほど少なく、術中もあまり口の中に溜まらず、終了後は全くなし。

先生が上手だったのでしょうかね。

 

手術後、だんだんジンジンと痛みが増してきました。

我慢できないほどではなく、あくまで鈍痛なのですが、これは痛み止めが効いていてこそ。

痛み止めが切れたことを考えると恐ろしいです…

そりゃそうです。簡単な終了といえ、骨を露出させていますからね(汗)

 

これからきっとどんどん痛みが増してくるはずなので、痛みがひどくなる前にご飯を食べてしまうことにしました。

 

手術後の食事

痛みと腫れとテープ固定のせいで大口は開けられないので、夜ご飯はうどんにしました。

しかし、コシのある讃岐うどんだったため上手く食べられませんでした(笑)

1本ずつ、しかもこまめに歯で噛みきって、時間かけてやっと完食。

 

お腹はすごく減っているのに食べられないって辛いー。

口の中から手術して、食欲があるだけましなのかもしれません。

皆さんは結構、数日間はゼリーとかヨーグルトだけとかで済ませているようなのですが、私は無理だー(笑)

 

ちなみに、テープ固定されているため、人目を気にしてマスクは顎にかけたまま食べました。

行儀悪いけど仕方ないm(_ _)m

 

食後に渡された痛み止めと抗生剤を内服し、イソジンでうがいをしました。

しばらく下の歯の歯磨き禁止なので…。

 

飲み物に関しては、ストローじゃないと飲めないという書き込みも見かけたのですが、私はストローなしで全然余裕で飲めました。

 

翌日用のウィダインゼリーと飲み物を買ってホテルに帰りました。

 

手術後

ホテルにチェックイン後、すぐウトウト寝てしまいましたが、夜中に目が覚めてしまいました。

やっぱりジンジン顎が痛い…。でも、痛み止めはすでに飲んでいるので追加で飲めないし、なんとなく腫れもひどくなってきているのがわかりました。

 

鏡を見ると、やはり腫れがさっきより酷くなっていました。頬の方まで、顔下半分が腫れてきています。法令線が消えるくらい。

 

なんだかお腹が空いたので、買っておいたクレープを食べましたが、口が開かないせいで平べったく潰して食べました(笑)

自分の食欲に笑える。

ご飯をモリモリ食べたい願望でいっぱい。

 

明日はお粥かお茶漬けにでもしようかな…。

 

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }