✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

【赤ら顔 45】VビームIIを受けてきました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今までVビームレーザーを定期的に受けていましたが、手応えがいまいちなので、ついに初の「VビームII」を受けてきました。

 

その結果をご報告します。

 

VビームIIとは?

f:id:monotone-room:20190326202230j:image

単純性血管腫、乳児血管腫、毛細血管拡張症の治療目的で設計された波長595nmのロングパルスダイレーザーです。

異常血管にのみ選択的に反応し、正常組織の損傷は最小限になるよう設計されています。

 

VビームIIは、Vビーム同様、血管腫や毛細血管拡張症に対して保険適応で行うことができます。しかし、新しいVビームを導入しているクリニックはまだ少ない印象です。

 

また、「赤ら顔」と「毛細血管拡張症」は区別されており、「赤ら顔」の診断を受けた場合は自費診療になることがあるようです。

 

赤ら顔と毛細血管拡張症との違いは、拡大鏡で見て毛細血管の拡張があるかどうかだそうです。

モヤっとした赤みで、肉眼では毛細血管が見えない方は「赤ら顔」に分類されます。

 

従来のVビームとの違い

①スポット系が大きくなった

最大10mmだったスポット径がに新たに12mmが追加され、照射径が大きくなりました。

一度に広範囲の治療を短時間にできるようになりました。

f:id:monotone-room:20190325201021j:image

②ハイパワー

Vビームでは10mmのスポットの場合最大で7.5Jまでしか出せなかったパワーが、IIでは10Jまで出力可能となりました。

最大出力はスポット径とパルス幅によって異なりますが、だいたい1.5倍~2倍の出力が出せるようになりました。

 

③紫斑形成がおきにくい

最大4つであったサブパルスが、IIでは最大8つに増えました。

この効果で、血管内の温度上昇が緩徐となり、紫斑形成(皮下出血)が生じにくくなりました。

 

④痛みが少ない

DCD(冷却装置)により、冷やしながら照射するため、より痛みが軽減されるようになりました。

痛みが抑えられることで、より高い出力で行うことも可能となりました。

 

 

このように、従来のVビームレーザーより進化しており、よりスピーディーに、より効果的に赤ら顔の治療ができるようになりました。

 

 

VビームレーザーIIの価格

保険適応の治療なので、クリニックによる価格のバラツキはそこまでない印象です。

VビームIIの料金はほとんど照射面積で算出されているようですが、少数ながら一律料金のクリニックもありました。

 

だいたい両頬の治療で、安いのところで14000円、平均は2万円前後です。

保険は3ヶ月に1回効くようになっているので、通院も3ヶ月に1回となります。

 

 

VビームII取り扱いのクリニックを受診

私の行ったクリニックは、保険診療の場合は予約ができないらしく、直接予約なしで行きました。

 

空いていそうな平日の昼間に行ったのですが、予約優先なので診察まで2時間半待たされました。

そこからレーザーの案内までさらに40分、レーザー治療で10分、さらに冷やす時間が20分。

会計や院外処方での薬の待ち時間が15分…

合わせて4時間ほどかかりました。

 

…疲れました。

 

予約なしでしたし、 2時間くらいは覚悟していたのですが、まさかこんなにかかるとは思いませんでした。

 

 

医師の診察

医師の診察で、やはり私の赤ら顔は「毛細血管拡張症」と診断されました。

保険が効くとのことです。

 

医師から、強い出力でやらないと効果も薄く勿体ないから、腫れる程強い出力(10J)でやった方がいいと勧められました。

 

しかし…

 

私は痛みに弱いですし、翌日の仕事も休めないので、やや弱めでとお願いしました。

相談の末、今回は8Jで照射を行うことになりました。

 

 

VビームIIを体験

初のVビームIIです。

もちろん麻酔クリームも、事前の冷却もなしの照射でした。

 

とりあえず腫れの反応を見るため、まず一列だけ打って数分間様子を見る言われ、両側の目の下のあたりに1列ずつテスト照射されました。

 

痛い!! 痛い!!痛い!!!

 

輪ゴムを弾かれた程度の痛み…なんてものじゃありません。

思いっきり助走をつけてビンタを何発も食らっているほど痛い!

いや、ビンタの方が痛くない、絶対。

 

痛すぎて、体が震え、冷や汗が出て、涙も出てきました。

 

今までのVビームも痛いと思っていたけれど、今思うと全然可愛いものです。

これをあと何十回も耐えなければならないのかと思ったら、絶望感でいっぱいで泣けてきました。

 

数分後、医師が肌の反応を確認し、内出血などの症状は出ていないため、もっと強めで行うと言ってきました。

 

いやいやいやいや!無理です。

 

肌の状態に余力があっても、もう私の痛みは限界値だったため、せめて今のままの強さで行ってくれと言いました。

 

しかも、

「痛いから、6発くらいずつやって、休み休み打ってくね」

と事前に言われていたのですが、休みなんて1秒くらいで、容赦なくどんどん打ち続けられます。

「ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・」と1秒刻みで照射され、休み1秒。

また始まる。また休み1秒。

 

この1秒…休みと言えるのかな…。

 

とても耐え難い痛みで、震えてしまいました。

VビームIIをこの強さで受けた方々を神と崇めたいとすら思いました。

 

医師いわく、ジリッ、ジリッと痛みとともに感じるものは、血管が焼けている証拠だそうです。血管が焼けると痛みが出るため、この痛みは仕方がないのだそう。

 

終わった後はゴーグルは涙でいっぱいになっていました。

 

VビームII直後の肌

レーザー直後もジリジリ、ジンジンと焼けるような火照りと痛みが残りました。

でも、我慢できないほどではありません。

 

マスクで顔を隠して帰りましたが、マスクでも覆えない程赤みが拡散してます。

目も腫れでだんだん細くなってきた気がします。

 

↓↓↓治療2時間後 トイレでパシャリ

f:id:monotone-room:20190326014900j:image

腫れていますね。頬を触るとカチカチに固くなっていました。

この程度の腫れで済めば、まぁ仕事も大丈夫かなーなんて思って帰宅。

 

しかし、自宅に帰ってマスクを取って鏡を見ると大変なことになっていました!!

 

f:id:monotone-room:20190326222037j:image

 

輪郭が変!!!

下膨れです。

幸い内出血はなく、赤みもステロイド軟膏のおかげでかなり抑えられてはいるのですが、腫れが兎に角ヤバイ。

頬は腫れで固く硬結してパンパンです。

私のレーザー史上最強の腫れです。

 

レーザー照射後、翌日が一番腫れるらしいので、朝を迎えるのが恐ろしいです。

 

これで本当に赤みが消えてくれるといいのですが、ここまで痛い思いと腫れを経験して効果がなかったら、はっきり言ってお手上げです。

 

現時点では、VビームIIが毛細血管拡張症に最も効果があると言われているレーザーなので、これで効かなければ手詰まりです。

 

効いてくれると良いです。

 

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }