✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

くせ毛でもパーマをかけたい!【ストカール 】 縮毛矯正とパーマを同時にできる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:monotone-room:20190218020156j:image

ストカールをご存知ですか?

 

ストカールとは、名前の通りストレート(縮毛矯正)とカール(パーマ)をミックスさせたものです。

 

根元のボリュームは抑えながら、毛先にニュアンスを加えることができるため、くせ毛の方、髪のボリュームがある方にとてもオススメなヘアスタイルです!

 

縮毛矯正の不満

くせ毛+ボリュームある髪のせいで、今までずっと、定期的に縮毛矯正をかけてきた私。

 

確かにサラサラのストレートは嬉しいのですが、縮毛矯正はやはり

真っ直ぐになりすぎてしまって不自然です。

アイロンでプレスするので、髪も痛むし硬くなります。

特に、縛ると真っ直ぐすぎてしっぽみたいになるし。

 

f:id:monotone-room:20190218023113j:image

 

気分で巻き髪したくても、矯正のせいでうまく巻けないし、カールも長持ちしまけん。

 

 

クセ毛でもパーマをかけたい!!

クセ毛のくせに、パーマヘアが大好きな私。

そこで、美容師さんの反対を押し切っては、何度かパーマに挑戦してきました。

 

コスメパーマ、デジタルパーマ 、エアウェーブ  など散々試しましたが、どれも毎回撃沈…。

 

ほとんど、パーマがかからずに終わる or 爆発するかのどちらかで、

「美容師さんの言うこと聞いておけば良かった…」

という結果に終わります。

 

クセ毛がパーマを反対される理由は

  • 一度縮毛矯正をかけてしまうとうまくパーマがかからず、ダメージもすごいから。

 

  • ボリュームが出すぎて大変なことになるからです。

 

それでも、パーマを諦められずにいた私。

そんな私にピッタリだったのが

「ストカール  」

だったのです。

 

ストカールの実際

ストカールは、全体的に縮毛矯正をかけながら、毛先だけカールする方法です。

パーマの方法はデジタルパーマです。

 

どの辺からカールするのかや、パーマのデザイン、カールの強さも選べます。

 

毛先だけカールの場合↓↓↓

f:id:monotone-room:20190217183057j:image

 

中間からカールの場合↓↓↓

f:id:monotone-room:20190217180739j:image

 

ゆるウェーブ↓↓↓

f:id:monotone-room:20190217183319j:image

 

しっかりウェーブ↓↓↓

f:id:monotone-room:20190217183335j:image

 

こんな感じで、ある程度デザインを選べます。

 

ストカールをかけてみた

オーダーは、ゆるウェーブでオーダーしました。

縮毛矯正を半年前にかけていたので、やはりうまくパーマがかからないかもしれないと説明を受けたので不安でしたが、今回は珍しく成功でした!!

 

濡れた状態↓↓↓

f:id:monotone-room:20190217183641j:image

乾いた状態↓↓↓

f:id:monotone-room:20190217183709j:image

 

しっかりカールがかかっています。

 

乾かし方、セットの仕方でもっとウェーブを強く出すこともできます。

 

しかも、㊤の方はきちんと矯正がかけてあるので広がりません!!

 

ありがたい〜!

 

これで髪もおろせますし、スタイリングもかなり楽チンになりました。

縛っても毛先がカールしているので可愛いし♡

 

私の行った美容室では、アイロンを使用しない縮毛矯正を行なっており、ストレートが不自然にならず、パーマとのつなぎ目も自然になりました。

 

まとめ

ストカール  、すっかり気に入ってしまいました!

パーマは、髪質によって薬剤の強や放置時間を調整しなければならず、さらに巻き方によってもパーマの出方が全く変わってしまうため、かなり美容師さんの技術とセンスが問われます!

 

特に、縮毛矯正と同時に行うストカールは、さらに高い技術が必要となります。

 

信頼できる方、パーマが得意な方にお願いすることが失敗を回避できると言えます。

 

とはいえ、私は初めて行った美容室で指名もせずに成功したので、かなりラッキーだったと思います!

 

またストカールやらりたくなったら(絶対リピートする予定)、同じ美容室へ行きますっ!

 

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }