✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

[赤ら顔治療35]赤ら顔治療成功 赤みが引いた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近肌の調子がすこぶる良いです!

 

肌荒れもないし、赤ら顔もかなり治ってきています。

 

これは、コツコツ塗っている◯ームクリームの効果なのか、2回目のレーザー治療の効果なのかはわかりませんが、とにかくすごく赤ら顔が安定!!

赤みレベル的にはだいたい2/10くらいに落ち着いています。

 

これは私的にすごい進歩です。

諦めないで頑張ってきて本当に良かったと思っています(;_;)

 

最近は、スッピンでいてもほぼ赤みが気にならず、CCクリームや日焼け止めだけで外出もできています。

 

仕事の時も、コンシーラーはもう使わず、ファンデを頬の部分だけ気持ち厚めに塗るだけで、赤みが気になりません。 

 

お風呂上がり、炭酸パック直後です。↓↓↓

 

f:id:monotone-room:20180724032525j:image

 

f:id:monotone-room:20180724032520j:image

 

炭酸パックをすると、赤みがより引くので、最近毎日やってます。くすみも抜け、肌色が均一になって肌がツヤツヤします。

ハリもでるので、自分で言うのもなんですが、しばらく自分の肌にうっとりしてしまうほど。

このうっとりも、赤みが引いていればこそのことです。

 

おすすめの炭酸パック


20回分(業務用)Dr.Selectドクターセレクト CO2ジェルパック (炭酸パック

 

楽天で買うと、業務用なのに20回分も入って1万円とかなり安いです。

私の通っているエステでは、同じ炭酸パックを使っていて1回3000円なので、自分でやるとかなりお得。

しかも、簡単に剥がせるタイプだから、取るのも面倒くさくなくておすすめです。

 

 

おすすめのファンデーション

赤みが落ち着いてきた私が最近使っているお気に入りのファンデがこちらです。


【あす楽】ナーズ / NARS アクアティックグロー クッションコンパクト (レフィル) SPF23/PA++ #6803 [ リキッドファンデーション ]

 

最近は毎日これです!

 

赤みが落ち着いてきたおかげで、やっと使えるようになったクッションファンデ。

きれいで若々しいツヤ肌を作ってくれるクッションファンデは、ホントにずっと使ってみたかったんです。

 

今までは、頬の赤みを隠すことばかり考えて、カバー力だけを求めてファンデを選んでいました。

カバー力を求めて選ぶと、もっぱらセミマット、もしくはマット肌になってしまうファンデーションになってしまいました。

赤みのせいで、ファンデの選択の余地がなかったんです。

 

マット肌って、きちんと感は出るけど、どうしても化粧してます感が出てしまい、老け顔になりがちです。

 

かといってツヤ肌メイクだと全然赤みが隠れず、私にとってはツヤ肌メイクは鬼門でした。

特に、クッションファンデはカバー力が頼りなくて、とても使うことはできなかったのです。

 

赤みが落ち着いてきたのを機に、クッションファンデに挑戦しようと思ったのですが、まだ赤ら顔が完治したわけではないので、闇雲に選んでしまい赤みが全然カバーされないのも困ります。

 

色々クッションファンデについて調べましたが、このナーズのクッションファンデは、クッションファンデの中でもカバー力はダントツ

特に黄味よりのカラーが揃っていて、赤みをカバーしてくれるので、赤ら顔の方におすすめです。

ナーズのクッションファンデの口コミを見ても、赤みカバーについて多くの方が絶賛されています。

 

ツヤも、わざとらしいテカテカのツヤではなく、さりげない自然なツヤ肌を作ってくれるところもお気に入りです。

 

崩れにくいため、上からルースパウダーを重ねないで使うこともできます。

 

私が使っているカラーは#6803、首色に合わせた少し地肌より暗めの黄味よりカラーです。

赤みが気になる方は、私の使っている黄味よりカラーの#6803か、一段明るい#6801のどちらかのカラーがおすすめです。

 

クッションファンデは塗るのも簡単だし、手も汚れないし、ツヤ肌になれるし、かなりハマっています。

しかも、赤みの気になるところに重ね塗りすれば、コンシーラーなしで赤みが気ならないので、本当に肌がきれいに見えます。

 

唯一難点を挙げるとすれば、コスパが悪いところくらいです。

 

赤みが落ち着いてくると、ファンデーション選びが楽になってうれしいです!

このままもう少し赤みが引けば完治です!!

 

引き続き経過を載せていきます。

 

このブログで、ぜひ赤ら顔が完治した!!と伝えられたらいいなと思っています。

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }