✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

誰でも簡単に流行りの濡れ髪、ウエットヘアに

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:monotone-room:20180715143146j:image

出典:https://tokyo.cawaii.media/scawaii/

 

濡れ髪(ウエットヘア)はどんな髪型でも一気にトレンド感と色気をゲットできます。

そして若々しさも出してくれるので、30〜40代の方にもおすすめです!

 

  • パーマヘアはパサつきを抑えて髪を綺麗に。
  • ショートヘアは大人っぽく、そして肌もツヤっと綺麗に。
  • ロングヘアは艶っぽくセクシーに。
  • 無造作ヘアはこなれ感が出て失敗知らず。
  • 前髪につければトレンド感と清潔感が。

 

コツを押さえて、適切なアイテムを使用すれば簡単に誰でも濡れ髪にすることができますが、やり方を一歩間違えると、ただ髪を洗ってない人、もしくは髪を乾かしてない人になってしまうので注意です。

 

まずは、濡れ髪を上手に作れるおすすめのアイテムをご紹介します。

 

綺麗な濡れ髪を作れるおすすめアイテム

 


【クーポン配布中】ミルボン jemile fran ジェミールフラン メルティバター バーム 40g (固形タイプ)【元タカラジェンヌのR☆Mさんが自身のInstagramで紹介した商品】

 

これは美容師さんから教えてもらった商品です。

 

いつも私は、美容室で商品を勧められれば勧められる程引いてしまって、例え良い商品だとしても意地でもその場では買いません。(捻くれてる…笑)

 

ある美容室で、仕上げの時にこのジェミールフランの商品を使ってくれて、髪がつやつやになってとても綺麗にまとまったんです。しかも、まとまるのに重くないし、ベタつかないし。香りも良い。

 

いつもの如く、この商品を美容師さんに激推しされ、私は適当な返事で流したのですが、

 

よくよく聞くと、これは美容師さんの私物で、ここのお店には置いていないと言われました。

欲しかったら他の美容室かネットで買ってくださいとだけ言われておしまい。

 

美容室でおすすめされるものって普通、美容室で取り扱っているもの、美容室で販売しているものですよね?

 

置いてない商品をこんなにおすすめされたのは初めてて、なんかとても好感を持てました。

自分の利益にならないのにおすすめしてくるくらいだから、本当にいい商品なのだなと思ってしまいました。

 

私がツボったのは、なんとこれ、ハンドクリームにもなってしまうんです!!

 

硬めのバーム状のクリームなのですが、手にとって伸ばして髪につけた後、そのまま手に伸ばせるんです。

 

便利ーーー!!

 

ワックスとかオイルとかって手がベタついて、いちいち手を洗わなきゃいけなかったけど、これならそんな面倒なし。

 

髪と一緒に手まで潤うし、髪も手もとてもいい香りに♡

 

なんて素敵な商品。

 

使用感はもちろんですが、こういう隠し効果みたいなのに弱い私は、美容室が終わったその足でロフトで購入しちゃいました。

 

硬めのバームだから、使用量も少量でよくて、なかなか減らなくてコスパも最高。

 

本当に少量なのにツヤツヤの仕上がりになります。

私はいつもバッグに1つ常備しています。

 

香りの感じは、甘いチェリー系、海外のお菓子みたいな香りで女子力が上がります。

(甘い香りが嫌いな人は苦手な人がいるかも)

しかも香りが強めで持続力もあるところもお気に入りです。

 

 


【マラソン期間限定】エントリーでポイント更に10倍!※バナーはお店のトップにあります【送料無料!!】ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーM 90g

 

こちらもミルボンの商品です。

美容室でも多く使われていて、美容師さんも認めた商品。

これは初心者でも技術いらずで、簡単に、そしてすごく綺麗な艶が出せます。

乾いた髪でも濡れた髪でも両方使えるので便利です。しかもツヤ感が超長持ち!!

 

他の濡れ髪用のワックスやジェルは、つけたては良くても結構すぐ乾いてしまって、

あれ?濡れ髪は何処へ?

となってしまうものが多いのですが、これは時間が経ってもツヤ髪が持続してくれるので、お直しいらずです。

 

パーマヘアの方には、ウエーブもヘタらず綺麗にでますので、パーマをかけている時はかなり使用していました。

 

 

 

濡れ髪の作り方

①シャンプー後半乾きの状態までタオルドライします。

乾いている髪なら軽く濡らしてタオルで水分を拭き取ります。

 

②スタイリング剤を毛先から中心のあたりまで馴染ませます。粗めのコームでとかすと、スタイリング剤がさらに馴染みます。

※スタイリング剤は頭皮や根元付近までつけないこと!!上の方までつけてしまうと、全体がべったりした状態になります。

 

③ドライヤーで乾かすか、このまま自然乾燥させます。

 

これで流行りの濡れ髪ゲットです!

 

f:id:monotone-room:20180716021307j:image

 

如何でしょうか?

いつもの髪型に一手間加えただけで印象がかなり変わり、下手に髪型を変えるよりも可愛いくおしゃれになれちゃうのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }