✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

モデルや芸能人もやってる メディカルアートメイクで4Dの眉アート体験

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メディカルアートメイク、モデルや芸能人も通っていて話題性が高いだけあって本当に大人気。

予約が激戦で、先月やっとやっと電話が繋がって、ようやく行ってきましたよーー!

 

すっっごく楽しみにしてました!!

 

4Dアートメイクについては過去記事見てください♡

www.biyo-otaku.com

 

元々のすっぴん眉がこちら。

 

f:id:monotone-room:20180711011221j:image

 

左右高さも形も違っていて、変な形でほんと眉毛書くの大変(涙)

 

赤ら顔が良くなってきてスッピンでいられるようになってきても、眉毛がこれじゃあ…(T_T)

 

過去細眉が流行った時代に抜いたり剃ったりいじり過ぎたせいで眉尻は生えなくなってしまっています。

 

そして、私の場合、表情筋、特に眉丘筋がしっかりしすぎていて、眉メイクの邪魔をします。

眉丘筋はこちらのサイトに詳しく書いてあります。

 

f:id:monotone-room:20180711011601j:image

引用:https://lineblog.me/maiko_tamamura/

 

ガッツリ、この筋肉無視して描こうものならめちゃめちゃ不自然眉になります。

 

現在のメイクした眉毛がこれ。

 

f:id:monotone-room:20180711012158j:image

 

 

頑張って左右合わせているけどやっぱり非対称。

 

とゆーか、自分に合っている形なのかどうかも不明(><)

ほんと、眉毛の正解誰か教えてーー!!って感じです。

 

アートメイクの実際

まず、初回なので30分程度問診や注意事項の説明を受けます。あと、アートメイクを受けて大丈夫かどうかちゃんと医師の診察もあります。

 

受けれると決まったら料金は先に払います。

 

いざ、施術室に案内され、リクライニングの椅子に座って術者(看護師)とデザインを一緒に決めていきます。

 

イメージの画像の持参の有無、好みの眉や希望など聞かれるので、その辺を固めて行った方が希望通りになるかもしれません。

 

私はなんの準備もなし。

 

だって、自分に合う眉毛であればいいのだ…

 

それに、人の眉毛が良くても、絶対自分には似合わないと思うし。

 

デザインは、まず絶対に外せない眉毛の黄金比印をつけ、そこから好みや流行りなどを取り入れてデザインを完成させていきます。

 

いくら好みや希望があっても、やはり黄金比を大幅に崩してしまうと不自然な眉毛になってしまうため、黄金比ルール内での変更にした方がいいそうです。

 

私は、

あまり角度を入れず、優しいイメージで…

とだけ希望を伝えて仮デザインしてもらうと

 

 

 

鏡を見たらすごいごんぶとの凛々しい眉毛!!!

 

違和感半端ない!!

 

星一徹みたいな!!

 

言葉を失っていると、これは仮の枠で、実際はもっと細くなりますと言われて、安心(笑)

 

ここから細やかな修正を繰り返し、左右差が激しいので左右を整えてもらい、デザイン決定です。

 

後から足すことはできるけど、消すことは難しいので、太め、長めでデザインするのは初回は避けた方がいいそうです。

 

迷ったら少し細め、短めが後悔しないとのことなので、今回は今の眉とあまり変わらない控えめなデザインにしてもらいました。

 

麻酔のクリームを塗っている間に、アートで入れるカラーを選んでいきます。

 

混ぜたりして微調整したり、グラデにすることもできます。

 

やはり明るめよりは暗めの方が落ちにくいとのこと。

 

でも、あんまり凛々しくなりたくないし、髪を明るくした時眉だけ浮くのも嫌なので、やや明るめのカラーを選択。

 

麻酔クリームが効いてきたところでいよいよアート開始です。

 

カッターの刃のようなもので、一本一本丁寧に手彫りで色を入れていきます。

 

痛みは個人差があり、痛がる人もいれば施術中寝てしまう人もいるそうです。

 

さて、私はというと、

 

最初は、あ、全然痛くない!!

 

余裕じゃーん!!

 

と思ってリラックスしていましたが、

 

だんだんヒリヒリ痛くなってきたーーー!!

 

眉尻とか、自眉の下の方は、カリッ、カリッと切られるたびにチクっとするし。

 

つい、カッターで眉毛を切り込まれてるイメージを思い浮かべてしまって、恐怖に襲われてしまい、ガクブル((((;゚Д゚)))))))

 

いやいや、尖った鉛筆でなぞられてるだけ!!

と自分に暗示をかけて頑張りました(笑)

 

でも我慢できない痛みではありませんでした。

 

しかし、しかし、美容整形もそうですが、綺麗になるには痛みが伴うものですね(><)

 

 

だいたい施術時間は2時間30分くらいでした。

 

f:id:monotone-room:20180711014256j:imagef:id:monotone-room:20180711014301j:image

 

じゃーーん!!

 

流行りの太眉ゲット!!

 

しかも限りなく左右対象!

 

入れ立ては濃くて、数日するとカサブタになるせいでもっと濃く見えて、それからカサブタが剥がれ徐々に代謝で薄れていくため、最終的に自然になるそうです。

 

代謝は人それぞれで、どれだけ馴染むか、定着するかは予測できないようで、だいたいの人は1回では薄くなったりまだらになったりしてしまうそうです。

 

ですから、アートメイクのプランも最初から2回の設定になっています。

 

初めてのアートメイクの感想

かなり自然で綺麗な眉になって満足なのですが、自分の今までの眉より太くなったので、見慣れないせいか違和感がまだ取れないのが正直な感想。

 

他人が見たら絶対アフターの眉がいいというに決まってるし、マイベスト眉なのかもしれませんが、あとは私の感覚が付いてこないだけ(笑)

 

家で化粧を落としたら、目元が薄くなって眉だけがしっかりしているせいか、さらに違和感ですっ!!

 

なんか凛々しい。

 

周りの感想をまだ聞いてないので、なんとも言えないのですが…。

 

痛みは…私の場合、全くない、余裕!というわけではありませんでした。でも想定内の痛さ。

 

やはり肌を傷つけるので痛いに決まってます。

 

でも、眉毛の場合、抜いたり剃ったり刺激を与えてる場所なので痛みに鈍感な部位だと思います。

 

アイラインとかリップラインのアートはもっともっと痛そうーー(><)

 

とりあえず、1年以内ならいつでも2回目の施術を行えるので、今回はまだ次回の予約は取らずに帰りました。

 

定着具合や馴染みなど、また経過報告します。

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }