✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

[赤ら顔21]赤ら顔治療経過 Vビーム、◯ームクリーム 7日目 ミルバソゲルの副作用

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Vビームと◯ームクリーム治療開始後7日目です。

 

f:id:monotone-room:20180505024121j:plain

 

レーザーによる腫れや赤みは多分完全に引いた模様。

そして、治療前より1〜2割赤みが引いてます。

現在赤みレベル3/10くらい。

全体的な赤みが引いているため、目で確認できる表面的な毛細血管がチラチラと特に目立ちます。

 

でも、お風呂に入ったり、擦ったりなどの刺激が無ければ、赤みはそんなに気になりません。

 

本当に赤みが引いてきているのなら、Vビームレーザーと◯ームクリームの治療を同時に開始したので、残念ながらどちらの効果なのかがはっきりしません。

 

◯ームクリームは1ヶ月くらい塗り続けないと効果がないそうなので、この赤みの引きはもしかしたらレーザーの方なのかもしれません。

 

レーザー治療…正直もう一度やるのが憂鬱…。

またあの強い赤みが数日とはいえ復活することを考えると…

 

悩みます。

 

まだうっすら赤みは残っているので、完全なスッピンではお出かけは無理そう…

 

もう少し◯ームクリームで様子を見ます。

 

ちなみに、指示された1日2回の塗布はちゃん塗り忘れなくちゃんと続けています。

 

それと、心配なこと。

 

ミルバソゲル…赤みが気になるときにちょくちょく塗っていたんです。

 

それが◯ームクリームの治療の妨げとなっていないのか心配。

 

それから、ミルバソゲルのわたし的な副作用??

発見してしまいました。

 

 

 

 

目の周りが赤くなる!!

 

 

 

気のせい??

 

いや、色々なクリームやら美容液やら試してるのでミルバソゲルのせいとは100%は言い切れないけれど、おそらく高確率でこの子かと…

 

肌が真っ白になる分、塗っていないところの赤みが余計に目立つっていうのもあります。

 

でもそれだけじゃありません。

ミルバソゲルを塗っているところの血管を強制的に収縮させている分、塗ってないところの周りの血管(血流)が発達してしまい、赤く見えるのかも…という自己分析に辿り着きました。

 

血管はすべて繋がっていて、体内の血液量は一定です。

 

道路で例えたら、小道や抜け道的な小さな道路を一部分閉鎖したら、道路を流れる車の量が減るわけではないので、他の道に車はすべて流れ込みます。

f:id:monotone-room:20180505030604j:image

 

元々あった多くの道(頬の血管)が閉鎖されたら、そこが滞り、周辺の道路が渋滞するのは少し考えれば目に見えています。

 

これです、絶対。

 

素晴らしい薬だけど、使うときは、使う量と使用法を検討して使わなければ…

と思ったのでした。

 

あと、あまり唇付近に塗ってしまわないように注意が必要です。

 

唇付の色が死人みたいになります。笑

 

まぁ、わたしは口紅を塗るのでいいのですが、男性や口紅を塗らない方は見た目ホラーになります。

 

私、この現象で具合悪いと勘違いされてめんどくさかったです。

 

(めんどくさいので病人のフリしました。)

 

 

まとめで一週間の治療経過載せます。

Vビーム ◯ームクリーム 1日目

f:id:monotone-room:20180505031359j:image

2日目

f:id:monotone-room:20180505031923j:image

3日目

f:id:monotone-room:20180505032201j:image

7日目

f:id:monotone-room:20180505032222j:image

毎回角度が違うので、わかりやすいように今度からなるべく統一しますね(^_^;)

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 赤ら顔・赤みへ
にほんブログ村

 

 

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }