✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

[赤ら顔⑧] 赤みを隠すコンシーラーの色は? 黄色VS緑

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コントロールカラー、もしくはコンシーラーはイエローがいいのか、グリーンがいいのか…

 

人によって分かれるところですが、

 

私は黄色に一票。

 

カラーチャートでもわかるように、グリーンの方が確かに赤に対して対極的な色味なので、赤を打ち消す効果は高いです。

 

f:id:monotone-room:20180422034924j:plain



しかし、かなり白くなりすぎて顔色悪くなってしまうのです。不健康な感じ。

 

さじ加減もあるとは思うのですが、どうしても、血の気のない白い肌になります。

 

グリーンのコントロールカラーにもメリットはあります。

 

色白に見えること、肌が綺麗に見えること、赤みもほぼ完璧に消してくれること、上からチークを塗ると映えること。など。

 

対して、イエローはというと、赤みを完璧に消し去ってはくれません。

赤みを緩和してくれる!というイメージ。

 

しかし、メリットとしては

たくさん塗っても不自然にならない、顔色が良く見えるまま赤みを隠せるから健康的に見える、自然。

 

あと、グリーンがいいかイエローがらわいいかは元の肌の色にもよります。

 

ブルベ肌の人はグリーンイエベ肌の人は迷わずイエローが良いと思います。

 

私の場合どちらかというとイエベ肌なんですよね。

 

なので、イエローがしっくりくるのだと思います。

 

欲を言えば、黄緑が一番合っている!

なので、もう廃盤となってしまったフリープラスのコンシーラーがベストマッチだったのだと思います。

 

黄色と緑の配色加減が素晴らしかったー ₍₍⁽⁽(ી(;▽;)ʃ)₎₎⁾⁾  

 

しかし、もうそれが亡き今マシュフィールドでも満足だけど、もっといいものを探したいと思います。

 

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }