✿美容オタクのブログ✿

毛細血管拡張症の克服と、その他美しくなるために試したこと、日々の美容について書いています。

MENU

[赤ら顔 ⑦]スッピンの時も赤みが隠せるアイテム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フルメイクの時はカバー力の強いファンデーションやコントロールカラーでオッケーでも、どうしてもスッピンの状態でも赤みを隠したいって時ありませんか?

 

お泊まりの時や、ちょっと近所のコンビニに行きたい時など、

化粧するほどではない外出時、赤ら顔を隠したいけどそのまま寝たいという場合です。

 

スッピンでも赤ら顔がカムフラされるアイテムをご紹介したいと思います。

 

まず、赤みは薄っすらカバーして、お肌を全体的に綺麗に見せてくれるものがこちら。

 


アルビオン エクサージュホワイト ホワイトコンディショニングパウダー 25g

 

美白効果もあって、サラサラお肌にしてくれます。一つ持っておくと便利です。

 

特に夏場は、スキンケアの後顔がドロドロ、ベタベタで気持ち悪い時ってありませんか?

そんな時も、これを叩いておけばサラサラになり、スキンケアの潤いも逃しません。

 

スッピンなのにスッピンではないみたい…そんなお肌にしてくれます。

 

これでもカバーが足りない!って時はこれ!

 

f:id:monotone-room:20190312011920j:image 

エテュセ フラットデザインカラーチェンジャー

 

 昔からあるエテュセの化粧下地です。

化粧下地なので、お化粧前に使ってもかなり良い仕事をしてくれますし、単独使用でスッピンの赤み隠しにもおすすめ。

しっかり赤みをカバーしてくれます。

 

化粧下地なので、ファンデーションよりお肌に優しく、UVカットもしてくれて、さらにニキビ肌にもなりにくい処方なので毛穴詰まりもなくありがたいです!

 

しかし、残念ながら現在は廃盤となってしまったようです。

これに変わる現在の商品はこちら。

 


エテュセプレミアムCCアミノクリームBEBE(シアーベージュ)色ムラ赤みをカバーして透明感のある肌へ35gCCクリーム

f:id:monotone-room:20190312012504j:image

赤みをカバーしてくれるCCクリームです。

 

さらにお肌に優しいのはこちら。


エテュセ スキンミルク 48g フェイスクリーム アットコスメ

こちらは美容液なので、塗ったまま寝ても大丈夫。顔だけでなく全身に使えます。

f:id:monotone-room:20190312012742j:image

f:id:monotone-room:20190312012747j:image

 

 

バラエティショップのサンプルでもらって、使ってみたらかなり優秀で現品購入してしまったのがこちら。

 

セルドレス CCクリーム

f:id:monotone-room:20190312012852j:image

これ、かなり色補正効果が優秀で、赤みをきちんと隠してくれます。

UVカット効果が高く、落ちにくい処方なので、日差しが強い時のちょっとしたお出かけ、海やプールなどの水場での使用もおすすめです。

 

 

これでも足りたい、またはもっと完璧に赤みを隠したい場合。

 最終的兵器は、やはりステロイド軟膏。

 

以前の記事に書いたように、乱用は絶対に厳禁!です。

しかし、たまにお肌の調子を整えるため、どうしてものここぞの時は頼ってしまっています。

 

お泊り前に仕込むと、一晩は赤みが抑えられ、綺麗な肌でいることができます。

 

赤ら顔のせいでスッピンになれなかった時代

私には、学生時代、友達や彼氏とのお泊りでは、一切スッピンになれなかったという悲しい過去があります。

それは言うまでもなく赤ら顔のせいでした。

 

他の女子は、きっと肌が汚いとか、眉毛がないとか、幼くなる、とか、そんな理由でスッピンを嫌がっていましたが、わたしは違いました。

すべて赤ら顔のせいでした。

私にとって、みんなの悩みは羨ましい悩みでした。

 

お風呂に入ても化粧が落ちないように気をつけて髪を洗い、布団にも化粧のまま入って寝るという生活を毎回行なっていました。

 

「肌に悪いから化粧ちゃんと落としなよ」

なんて言われたりもしましたが、私はめんどくさいフリをして逃れていました。

 

当時の友達や彼氏たちは思ったことでしょう。

 

こいつ不潔だな…

 

もしくは

 

こいつ、スッピン相当やべーんだな

 

と……。

 

 

さらに私の努力は続きます。

友達や彼氏が寝付いた頃にこっそり顔を洗いに行き、誰よりも早く起きて化粧を完成させる(ベースメイクだけは最低でも完成させる)

 

という過酷ことをしていました。

お泊りは、常に、気が気ではありませんでした。

 

この商品たちに、もっと早く出会いたかったと思う私でした。

 

/*太文字マーカー*/ .entry-content strong { background: linear-gradient(transparent 60%, #ff99cc 40%); }